スマートフォン用の表示で見る

親藩大名

一般

親藩大名

しんぱんだいみょう

江戸時代の大名で、徳川家康の直系の子孫にあたる家柄。

御三家御三卿御家門(越前松平家とその分家、会津平家とその分家)、連枝(御三家の分家)から成る。御三家御三卿は徳川姓を名乗り、その他の親藩は松平姓を名乗った。

 徳川家康以前の分家や家康の異父弟の家系で松平を名乗る諸侯も多数あるが、これらは親藩大名ではなく譜代大名扱いであった。