針中野

地理

針中野

はりなかの

地名

大阪市の東南部、東住吉区にある 針中野地区。

針中野駅 近畿日本鉄道(南大阪線)

大阪阿部野橋駅より近鉄電車南大阪線)の4つ目の駅「針中野駅」がある。

近鉄線と平行して西側に南北に通る「駒川商店街」があり、大阪でも抜群の活気あふれた商店が並ぶ。

針中野駅の名前の由来は、駅から東へ5分ほど行った所に、正門と冠木門、そして正門の両側に大きな蔵をもった屋敷がある。

正門の屋根の下の懸魚には「鍼」と彫られている。

ここが、弘法大師伝授と伝えられ、小児鍼で名高い「中野降天鍼療院」の跡である。

針中野」という駅名は、この鍼療院にちなんでつけられた。