人工授精

人工授精

(サイエンス)
じんこうじゅせい

人為的に精液を生殖器に注入することによって妊娠を実現すること。AID(artificial insemination by donor)。

概要

元来は家畜や、動物園の動物の生殖のために始まり、近年、人間でも行われるようになってきた。元々男性不妊の治療として広まったが、精子提供者は匿名が前提なので生まれたことを子どもに告知する親は少なく、問題となっている。

使用されるケース*1

  • 精子の運動性や数に問題があり、自然妊娠に困難がある場合
  • 性交障害(インポテンツ)やセックスレスがある場合
  • 女性生殖器の狭窄や子宮頸管のトラブルなどによって精子の通過性に問題がある場合
  • 抗精子抗体が陽性である場合
  • 不妊の原因が不明な場合

メリット

  • 比較的容易に行え、ある程度の妊娠率を確保できるので繰り返し治療しやすい
  • スピーディーに行え、ほとんど痛みのない治療
  • 身体への負担が少ない

など

関連語

  • 体外受精


AIDで生まれるということ 精子提供で生まれた子どもたちの声

AIDで生まれるということ 精子提供で生まれた子どもたちの声

  • 作者: 非配偶者間人工授精で生まれた人の自助グループ(DOG: DI Offspring Group),長沖暁子
  • 出版社/メーカー: 萬書房
  • 発売日: 2014/05/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る

*1:いずれの場合も、卵管通過障害(卵管狭窄・閉塞)がないことが前提

ネットの話題: 人工授精

人気

新着

新着ブログ: 人工授精