人工地震

サイエンス

人工地震

じんこうじしん

人工的に発生させた地震動の事。

学術的な意味としての人工地震探査と、恫喝兵器として使用する地震兵器とが存在する。

1971年アメリカが行った実験で、マグニチュード7.0相当の人工地震を記録。

1972年ロシアが行った実験では、マグニチュード6.97に相当する人工地震の発生に成功している。

人工地震恫喝兵器としての使用は、破滅的な結果を産むため、

1977年の環境改変兵器禁止条約で、気象兵器とともに使用しないという条約が締結された。