人魂

一般

人魂

ひとだま

日本の土俗信仰で信じられていた、死人の魂が、明るく光る球状のものとなって、漂うというもの。火の玉

なお、アンチ・オカルト大槻義彦教授は、人魂の正体はプラズマだと主張している。