人造昆虫カブトボーグ V×V

アニメ

人造昆虫カブトボーグ V×V

じんぞうこんちゅうかぶとぼーぐび

読み方

じんぞうこんちゅうかぶとぼーぐ びくとりー ばい びくとりー

概要

2006年10月から2007年9月まで、BSジャパンアニマックスで放送されたテレビアニメ。 BSジャパンの方が、若干先行しての放送。全52話。

元々は、タカラトミー合併前のトミーで発売された、カブトクワガタを模した、動力内臓(電池不要)の玩具で、ステージ内で(基本相撲的ルールで)戦わせる玩具で、コレをベースにした、子供向けホビーアニメ

…の姿を借りた、不条理アニメ。 

ストーリー等

 カブトボーグを戦わせる「ボーグバトル」が大流行した世界。 大人も子供も老人も、勝負は全て「ボーグバトル」。そんな世界で、「天野河リュウセイ」は、あらゆるライバルや挑戦者をなぎ倒し、日本、そして世界チャンピオンの道を目指す。 そして立ち塞がるのは、リュウセイの父にして最大の敵・謎のボーガー、ビッグバン

 …と、書くと、普通のアニメっぽいのだが。 

 アニメ観ていると玩具の方を売ろうと言う気が、微塵も感じられない(タカラトミーのやる気無に漬け込み)、不条理でシュールな展開ばかり。 毎回一発ネタでオチは投げっぱなし。世界が滅んでも劇中で特にフォロー無しで、翌週はいつも通りに話が始まる等。斬新と言うか、いろんな意味で、スタッフが悪乗りして造っているとしか思えないアニメ。 そこは登場人物が「ボケ」ばかりで、「ツッコミ役」皆無で進む超絶なストーリー。 おそらくこのアニメは、視聴者が「ツッコミ」をする事を意図して作られているのだろう。

 ボーグバトルの勝ち方は、必殺技やテクニックよりも、大声で妙な屁理屈を相手に浴びせ、精神的ダメージを与えてから、敵のボーグを怯ませてる様に見えるが?

その他

やたら「食べ物」絡みのネタが多い(「素パスタ」とか…)。 龍昇ケンの家の隣に進出した何軒もの食堂を、ボーグバトルで次々葬っている。

サブタイトルには必殺技っぽい単語が並ぶが、本編とはあまり関係無いケースが大半である。

キャスト

主題歌

歌と演奏:Pinky Piglets

 オープニングテーマ「Beetle Power !」

 エンディングテーマ「VICTORY ROAD」


リスト:リスト::アニメ作品//タイトル/さ行 リスト::アニメ作品//2006年 リスト::アニメ作品//4クール