仁村徹

スポーツ

仁村徹

にむらとおる

仁村徹は、日本の元プロ野球選手。現東北楽天ゴールデンイーグルス一軍ヘッドコーチ。通称「仁村弟」。兄は仁村薫

右投右打、ポジションは投手内野手背番号は24→5→51→1→51→88→80番。

1961年12月26日生まれ。埼玉県出身。

上尾高校で1979年投手として甲子園に出場し、1回戦で牛島和彦香川伸行を擁する浪商高校と対戦。8回まで0に抑えながら9回に牛島の本塁打で追いつかれ、延長の末敗退する。

卒業後東洋大学に進学し、東都大学野球リーグ通算29勝を記録。

1984年ドラフト2位で中日ドラゴンズに入団。

1984年10月、阪神タイガース戦に中継ぎとしてプロ初登板、初勝利を飾る*1。結局、これがプロでは唯一の登板、唯一の勝利となった。

1988年、内野手に転向し、二塁手に定着。規定打席未満ながら打率3割以上を挙げ、強竜打線の一角を担う。

1996年、平沼定晴樋口一紀前田幸長との3対3の交換トレードで、酒井忠晴山本保司と共に千葉ロッテマリーンズに移籍。

一塁を守った。

1997年現役引退

1998年、中日ドラゴンズの二軍監督に就任。2001年まで務めた。

2002年はヘッドコーチ、2003年以降はコーチに就任。

2005年からスカウト(関東・東海地区担当)。

2010年より東北楽天ゴールデンイーグルス二軍監督に就任。7月13日付で慢性硬膜下血腫のため休養。手術を受け、7月26日の大学日本代表NPBフレッシュ選抜から復帰。

2011年、一軍作戦コーチ就任。

2012年、二軍監督に復帰。

2013年、一軍チーフコーチ就任。

2016年、一軍ヘッドコーチ就任。

*1:この試合を締めくくったのは、当時すでにリリーフエースとして君臨していた牛島和彦であった。