壬申戸籍

社会

壬申戸籍

じんしんこせき

1872年明治5年)に戸籍法に基づいて作られた戸籍干支が「壬申(みずのえさる)」であったことから「壬申戸籍」と呼ばれる。

身分としての賤称や犯罪歴が記載されていることから、人権侵害の問題を生じうるとして、法務省1968年昭和43年)3月29日付の民事局長通達により賤称の有無にかかわらず閲覧禁止とした。法的な廃棄手続きを経たものは、法務局、地方法務局市町村において厳重に包装封印して保管するよう指示をした。行政文書非該当となっており、情報公開請求の対象となっていない。