スマートフォン用の表示で見る

壬生忠岑

読書

壬生忠岑

みぶのただみね

貞観2年(860年)頃〜延喜20年(920年)頃

日本の平安時代前期の歌人。武官。

三十六歌仙の1人。身分の低い下級武官であったが、歌人としては一流と賞されており、醍醐天皇の勅撰和歌集である「古今和歌集」の撰者として抜擢された。