須永金三郎

社会

須永金三郎

すながきんさぶろう

1866−1923 明治-大正時代ジャーナリスト慶応2年10月生まれ。博文館編集次長などをへて,明治28年郷里栃木県足利で「両毛新報」を発行,足尾鉱毒被害者の救済に尽力。