須原一秀

一般

須原一秀

すはらかずひで

社会思想研究家。1940年生まれ。立命館大学龍谷大学非常勤講師を勤めた。

〈現代の全体〉をとらえる一番大きくて簡単な枠組―体は自覚なき肯定主義の時代に突入した』(新評論、2005)には「もとは論理学と科学哲学を専攻する者であるが、『哲学の不成立』を主張する本書の手前、ここでは社会思想の研究家を名のりたい」とある。

2006年4月、自殺を肯定する遺稿を残して自死を遂げた。

“現代の全体”をとらえる一番大きくて簡単な枠組―体は自覚なき肯定主義の時代に突入した 高学歴男性におくる 弱腰矯正読本―男の解放と変性意識 ISBN:479480122X ISBN:4812287189