須藤真澄

マンガ

須藤真澄

すどうますみ

漫画家

誕生日:1964年12月17日

出身地:東京都

東京学芸大学教育学部


  • 高校の時から同人活動を開始。
  • 高校2年の美術学院の夏期講習の時に木村千歌と知り合う。
  • 大学時代には「平凡パンチ」でイラストを描いたりしていた。その後、デュオ別冊「すとろベリィ」で木村千歌(「あずきちゃん」の作者)と同時プロデビュー。「わたくしどものナイーヴ」がデビュー作。
  • 1988年、アフタヌーン四季賞受賞(88’秋準入選)。
  • 一点鎖線の輪郭線が特徴。
  • 不思議な情感を淡白な絵柄でちょっと笑いをいれてさらさらと描く。初期の頃はメルヘンタッチ作品が多かったが、ゆずでくすぐり系ギャグをこなす様になった。
  • 代表作(単行本)は「電氣ブラン」(1985)から、「観光王国」「子午線を歩く人」「ナナカド町綺譚」「振袖いちま」「おさんぽ大王」「アクアリウム」「ゆず」等。
  • 2005年1月、愛猫「ゆず」死去。須藤夫妻の深い悲しみの中、2月生まれの兄弟猫「にい」「とと」と出逢う。

連載終了の漫画

……など。



リスト::漫画家