スマートフォン用の表示で見る

図書館の自由に関する宣言

読書

図書館の自由に関する宣言

としょかんのじゆううにかんするせ

図書館の自由に関する宣言(としょかんのじゆうにかんするせんげん)は、日本図書館協会の綱領のこと。


図書館の自由に関する宣言

図書館の自由に関する宣言

図書館は、基本的人権のひとつとして知る自由をもつ国民に、資料と施設を提供することを、もっとも重要な任務とする。この任務を果たすため、図書館は次のことを確認し実践する。

第1 図書館は資料収集の自由を有する。

第2 図書館は資料提供の自由を有する。

第3 図書館は利用者の秘密を守る。

第4 図書館はすべての検閲に反対する。

図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由を守る。

経緯

1954年昭和29年)に、戦前における思想善導機関として機能した図書館の歴史を反省し、打ち出された図書館員にとっての基本的な姿勢。図書館の自由に関する宣言の改訂は1979年昭和54年)、「第3 図書館は利用者の秘密を守る。」が加えられ、もとの第3は「不当な」と言う文言が削除され第4と改められた。

検討の三原則

検討の三原

1問題が発生した場合には、職制判断によって処理することなく、全職員によって検討する

2図書館員が制約された状況の中で判断するのではなく、市民の広範な意見を聞く。

3とりわけ人権侵害に関わる問題については、偏見と予断にとらわれないよう、問題の当事者に聞く

関連

有害図書

図書館

日本図書館協会

図書館員

司書

司書補?

司書教諭

学校司書

図書館情報学

図書館学

情報学

山口県立山口図書館図書隠匿事件?

船橋市西図書館蔵書破棄事件?

図書館員の倫理綱領?

表現の自由

知る権利

基本的人権

検閲

カスパル