図書館目録

読書

図書館目録

としょかんもくろく

図書館用の資料目録。一般の物品目録と同様の機能もあるが、個々のアイテムごとに分類や件名を新たに付与したり、書名や著者の読みを付加したり著者の同定をしたりすることで、未知文献の検索などができるようになっている。かつては紙のカードを排列することで目録機能が発揮されていたが、1980年代にコンピュータによる目録が普及しはじめ、それがオンライン化されるようになってOPAC(オパック、オーパック;online public access catalog)と呼ばれるようになった。