図像

一般

図像

ずぞう

意味

  1. 諸仏の像や曼荼羅などの図様を描き示したもの。多く白描で描かれるところから白描図像ともいう。
  2. 何らかの主題象徴を担う画像。あるイメージがある意味と対応しているもの。キリスト教におけるイコンなど。

用例

図像学