吹田貨物ターミナル駅

吹田貨物ターミナル駅

(地理)
すいたかもつたーみなるえき

吹田貨物ターミナル駅は、大阪府吹田市にあり、東海道本線にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅。
2013年3月16日に開業。
鉄道建設・運輸施設整備支援機構が進める梅田駅の基盤整備事業の一環で、梅田駅の機能を、関西本線百済貨物ターミナル駅とともに移転する目的で、旧国鉄吹田操車場跡地に造られた。
敷地面積は27.2ha(駅設備12ha、線路設備15.2ha)あり、駅構内は東海道本線千里丘駅-岸辺駅-吹田駅にまたがり、東西約6.3km、最大幅約92mにも及ぶ。
駅設備はコンテナ列車26両編成(1,300t)に対応。東京方にはコンテナホーム2面3線、新大阪方には中継コンテナホーム1面2線を設け、着発線8線、留置線16線(うち編成留置線4線)を整備している。
建物関係では、駅本屋(鉄骨造り4階建て、延べ床面積1,312m²)、鉄道倉庫(同2階建て、延べ床面積約4,445m²、荷捌き上屋(平屋建て、床面積約2,635m²)、コンテナ検修庫、フォークリフト検修庫、詰所などからなる。
また、コンテナホームの下には、雨水をためる地下調整池(約12,000m³)がある。


リスト駅キーワード
リスト駅つきキーワード