スマートフォン用の表示で見る

水海道

地理

水海道

みつかいどう

地名

茨城県常総市 水海道亀岡町、水海道川又町、水海道高野町、水海道栄町、水海道諏訪町、水海道宝町、水海道天満町、水海道橋本町、水海道淵頭町、水海道本町、水海道元町、水海道森下町、水海道山田町

旧自治体

2006年1月1日、隣接する結城郡石下町を編入するにあたり、市名を水海道市から常総市に改めた。

水海道の地名は常総市内の一部に残されている。合併前の旧水海道市の面積は79.68平方キロメートル。

旧水海道市域の地形は、区域のほぼ中央を流れる鬼怒川によって東西にほぼ二分される。

地質的には西部地域は概ね洪積層の台地で集落の周辺を平地林と畑地が点在し、東部地域は平坦な沖積層の低地で広大な水田地帯が展開しており、中心市街地はこの南端に位置している。

水海道駅 関東鉄道(常総線)

茨城県常総市水海道宝町に存在する、関東鉄道の駅。→ keyword:水海道駅

*類似駅名*
keyword:北水海道駅


○ リスト:駅キーワード