スマートフォン用の表示で見る

水戸街道

地理

水戸街道

みとかいどう

国道6号線の別名。

墨田区向島言問橋東詰)から水戸市を結ぶ道として設置。日本橋言問橋西詰間は「江戸通り」であり、「国道6号線」ではあるが厳密には水戸街道ではない。

実際には「日光街道の付属街道」的な位置付けであるが、江戸時代水戸徳川家が江戸に登城するために整備されたといわれ、五街道に次ぐ重要な街道と考えられていた。明治年間に「陸前浜街道*1」という名も付けられた。

*1:千住駅より常陸水戸を経て陸前国岩沼に至る道筋の意。それ以前の水戸以北は「岩城相馬街道」と呼ばれていた。