水口哲也

ゲーム

水口哲也

みずぐちてつや

ゲームクリエイター1965年生まれ。1990年日大芸術学部芸術学科卒業、同年セガ入社。1994年に初プロデュース作品である『セガラリーチャンピオンシップ』で世界的なヒットを記録。以降、1995年『マンクスTT』、1996年『セガツーリングカー・チャンピオンシップ』、1998年『セガラリー2』などレースゲームを次々と制作。1999年にはコンシューマ初のプロデュース作品となる『スペースチャンネル5』をリリース。主人公の「うらら」は、MTVのAWARDにも出演した。

2000年セガの分社化にともないユナイテッド・ゲーム・アーティスツ(UGA)の代表に就任。しかし2003年10月1日にソニックチームに営業譲渡、それに伴い2003年10月10日にセガを退社。フリーのプロデューサーと活動の後、キューエンタテインメント株式会社代表取締役に就任。