水城

若若茖

2篁

地理

水城

みずき

「史跡」として

福岡県大野城市筑紫野市の境界付近に位置する史跡。大陸に対する大宰府防備のためのもの。

「地区」として

福岡県太宰府市の地名(大字、1〜6丁目)。

太宰府市の北方にあり、大野城市との境界を東西に据える。太宰府インターチェンジの界隈。西を御笠川が流れ、その対岸は大野城市域にして、下大利団地という大規模な公団住宅団地が広がっている。

この地に配流された菅原道真御笠川を下ってきて初めて上陸した場所と伝えられるところが1丁目にある(現在は同人を祀る老松神社水城老松神社―の鎮座地)。

一般

水城

すいじょう