スマートフォン用の表示で見る

水前寺成趣園

地理

水前寺成趣園

すいぜんじじょうじゅえん

熊本県熊本市にある大名庭園。一般的には「水前寺公園」と呼ばれている。豊富な阿蘇伏流水が湧出して作った池を中心にした桃山式回遊庭園で、築山や浮石、芝生、松などの植木で東海道五十三次の景勝を模したといわれる。熊本藩の初代藩主の細川忠利が1636年頃から築いた水前寺御茶屋が始まりとされ、細川綱利が藩主の時に現在の名称となった。