スマートフォン用の表示で見る

水槽

動植物

水槽

すいそう

1.水を蓄えておく容器。

2.熱帯魚金魚・その他水棲生物や昆虫・は虫類などを飼育・観賞するための透明な容器。

以下2について、

材質

  • ガラス製
    • 透明度が高いが、重い、割れやすい(衝撃・ゆがみに弱い)、加工が難しいなどのデメリットがある。小型水槽に向く。
  • アクリル
    • ガラス製と比較して透明度が劣るが、軽い、割れにくい(衝撃・ゆがみに強い、ただし傷は付きやすい)、加工が簡単などのメリットがある。大型水槽に向く。

※新品の状態ではアクリル製の方が透明度が高いが、傷が付きやすい為、一般的にガラス製より透明度が低いと言われている。

※ガラス水槽のうち、枠がなく底までガラスの製品をオールガラス水槽という。インテリア性が高いので人気がある。枠有り製品より強度的には弱い。価格が高め。

※スチロール製で塩化ビニルの蓋のついた飼育容器は一般に水槽とは呼ばず、プラケースと呼ぶ。

形状

平板と枠を組み合わせた直方体が基本だが、コーナーを曲げてR状にしているもの、前面にふくらみを持たせた曲面になっているもの、円柱状のもの、前面が低くなっているもの(主にテラリウム用)なども市販されている。

サイズ

最も一般的なのはレギュラーサイズと呼ばれる幅60cm*奥行き30cm*高さ36cmのもの。

他に30*18*18、60*45*45(ディスカス水槽)、90*45*45、120*60*45などが一般的だがメーカー・使用目的によって様々なサイズがある。

キューブ水槽とよばれるものは30*30*30、45*45*45などの立方体