水島の戦い

社会

水島の戦い

みずしまのたたかい

水島の戦い(みずしまのたたかい)

1183年、備中国水島において源義仲軍と都落ちした西国平重衡が率いる平氏の軍との間で行われた戦闘。治承・寿永の乱の戦闘の一つ。平氏を追討するため、義仲軍は平氏軍の拠点である讃岐屋島方面に進軍、その途中水島で激突。平氏の軍勢が義仲の軍勢を打ち破り、義仲は京都へ敗走。この結果、後白河法皇は義仲を見放した。これに義仲が怒り、御所を襲撃し法皇を幽閉、頼朝追討の院宣を出すよう要求するに至った。