水道哲学

社会

水道哲学

すいどうてつがく

松下電器産業(現パナソニック)の創始者・松下幸之助による経営思想。


「水道の水はいくら飲んでも咎められることがない。

それは価格が安く、量が豊富にあるからである。

そのため、物資を豊富に生産し、廉価で提供することで

貧困を失くし、人々を幸福にできる」という内容。


この「水道哲学」は同社の社訓とされており

現在も多くの経営者が信奉しているため

松下幸之助が「経営の神様」と呼ばれる所以の一つでもある。