スマートフォン用の表示で見る

水本裕貴

スポーツ

水本裕貴

みずもとひろき

サッカー選手。ポジションはディフェンダーセンターバック

1985年9月12日生まれ。三重県出身

身長182cm、体重72kg。血液型B型

2003年9月のU-18日本代表初招集以降、ユース代表、五輪代表のレギュラーに定着。

Jリーグ入団に際して市原のほか磐田、柏、名古屋川崎F湘南の6クラブが興味を示した逸材。

オシム監督の厳しい指導でレベルアップしたい」と、水本自身が市原を選んだ。

2006年10月、日本代表入り。

同期の水野晃樹とともに「ウォーターボーイズ」と称される。

中日ドラゴンズファンの一面もあり、2007年の日本一達成時には自宅の風呂で、一人でシャンパンファイトを行ったことがスポーツ紙の記事になった。

2008年、ガンバ大阪に移籍したが、自身の不調もあり出場機会が激減。シーズン途中で京都サンガF.C.に移籍した。