水野雄仁

スポーツ

水野雄仁

みずのかつひと

プロ野球読売ジャイアンツの選手。 通称「金太郎」「阿波金太郎」。

右投右打、ポジションは投手背番号は31番。

徳島県阿南市出身。

池田高校で、1982年、1983年の全国高等学校野球選手権大会、1983年の選抜高等学校野球大会と3大会連続甲子園に出場。

史上4校目の「夏・春連覇」、83年夏のベスト4進出の中心選手として活躍した。

1983年春・夏はエース?4番として出場、その風貌から「阿波金太郎」と呼ばれた。

1983年、ドラフト1位で巨人に入団。先発投手として活躍。

1987年オールスターゲームでは代打としてバッターボックスに立った。

1989年、クローザーに転向。リリーフ投手となる。

1996年、日本球界を引退。

1997年メジャーリーグ入りを目指して、ドミニカウィンターリーグに参加、日本人初の勝利投手となった。

1998年、巨人投手コーチとして復帰。2001年、退団。

現在は日本テレビRFラジオ日本野球解説者の傍ら、マスターズリーグ札幌アンビシャスの選手。

モルツ球団の選手としても活躍。

リスト::野球選手