スマートフォン用の表示で見る

睡眠相後退症候群

サイエンス

睡眠相後退症候群

すいみんそうこうたいしょうこうぐん

病気 病名

睡眠・覚醒リズム障害
生体の概日リズムにおける睡眠している時間(睡眠相)が社会的に望ましい時間よりも遅れる病気。
本人の努力にかかわらず、宵っ張りと朝寝坊を治すことが困難な状態になり、定刻に出勤、登校することができず社会生活上の障害となる。
不眠症や、ナルコレプシー過眠症)とは異なり、睡眠そのものについては正常。

治療法としては、25時間の概日リズムを利用し、毎日数時間づつ遅らせ望ましいリズムになるまで続ける時間療法、朝方起床後に高照度光を当てる光療法、ビタミンB12療法などがある。