酔った勢い

一般

酔った勢い

よったいきおい

アルコールを含む飲料等を体内に摂取した時に現れる勢いの事。

この時、指し示す『勢い』としては、アルコールを摂取した事により、態度や言動が大きくなり、後から考えて見れば「どうしてあのような事を」と、疑問を抱いてしまうような状態。例えば、早まった告白をしてしまったり、ケンカや暴力沙汰、タメ口といったいきすぎた言動。また、服を脱いだり口説いたりといった、恥ずかしい言動。自分の素の部分が、アルコールの魔力によって具現化されたもの。表現としては、失敗談等で使われる事が多い。が、反して、酔った勢いを、本物の勢いに昇華し、華麗なる躍進を遂げる者もいる。酒を呑むのか、呑まれるのか。「酔った勢い」はその場面において重要なキーワードとなる。

目次
    • アルコールを含む飲料等を体内に摂取した時に現れる勢..