随筆

読書

随筆

ずいひつ

いろいろな出来事を筆に任せて書いた文章。日本の文学史上、清少納言の「枕草子」、鴨長明の「方丈記」、吉田兼好の「徒然草」が3大随筆と呼ばれる。→エッセイ