スマートフォン用の表示で見る

崇峻天皇

一般

崇峻天皇

すしゅんてんのう

崇峻天皇

第32代天皇、泊瀬部天皇とも。

欽明天皇の皇子なり。

皇位継承のため、穴穂部皇子と対抗し、蘇我氏に擁立された。

日本書紀崇峻天皇紀によると、蘇我馬子殺害をほのめかしたことが漏れてしまい、馬子が東漢直駒を用いて暗殺してしまった。『日本書紀』で皇族に殺害された天皇は他にもいるが、臣下に殺害されたとの記述があるのはこの天皇のみである。