数の論理

一般

数の論理

かずのろんり

多数決の結果がすなわち正しいことだとゴリ押しすること。

特に政治の分野では強行採決に繋がり「民主主義の悪しき慣例」とされる。

派閥が存在する最大の理由である。