数学教育改良運動

一般

数学教育改良運動

すうがくきょういくかいりょううん

日本の算数・数学教育の近代教育制度へと変わった明治時代以降の変化のこと。


教育課程の発展に着目して大きく5 期に分けることができる。

1期.西欧の算数・数学教育の吸収(1 8 6 0 年代〜1 9 3 0 年代)

2期.我が国独自の算数・数学教育の成立(1 9 3 0 年代〜1 9 4 0 年代)

3期.我が国の算数・数学教育の基礎の確立( 1 9 5 0 年代〜 1 9 6 0 年代)

4期.国際的な動向を考慮した算数・数学教育の現代化( 1 9 6 0 年代〜 1 9 7 0

年代)

5期.児童・生徒に対応した算数・数学教育の模索( 1 9 7 0 年代後半〜 )