杉浦享

スポーツ

杉浦享

すぎうらとおる

プロ野球選手・指導者。

登録名は「杉浦亨」。

左投左打、ポジションは外野手背番号は9番。

1952年6月8日生まれ。愛知県出身

愛知高から1971年ヤクルトアトムズドラフト10位で投手として入団。

1年目に打者転向。控え・代打要員が長かったが、

1977年、シーズン後半から左翼手の定位置を獲得。

1978年打率.291、17本塁打、67打点の成績でスワローズの初優勝に大きく貢献する。

その後も主力選手として活躍し、1980年1985年にはセ・リーグベストナインに輝いた。


1987年カムバック賞を受賞。1980年スワローズの打撃陣を支え、代打の切り札として強烈な存在を示した。

初球はストライクでも絶対に打たないという職人的拘りの持ち主でもあった。

1992年、現役引退を表明。

しかし、同年の日本シリーズ第1戦で、鹿取義隆投手より代打サヨナラ満塁本塁打を打つ。*1

野村克也の説得とこの起用により、引退が1年延びる事となった。

1993年、現役引退。打撃コーチに就任。

現在は野球解説者を務める。

また、マスターズリーグ東京ドリームスの選手として活躍。

2007年6月19日、日本シリーズの再現として、始球式鹿取義隆との対決が行われた。