杉浦正則

スポーツ

杉浦正則

すぎうらまさのり

アマチュア野球選手・指導者。通称「ミスターアマ野球」。

右投右打、ポジションは投手背番号は18番。

1968年5月23日生まれ。和歌山県出身。

橋本高校から同志社大学卒業後、2001年、社会人野球の名門、日本生命に入社。

1992年、バルセロナオリンピック日本代表に選出され、銅メダル獲得に貢献。

同年、都市対抗野球に出場、橋戸賞を受賞。

1995年、プロ野球福岡ダイエーホークスから声がかかるも、五輪にこだわり、プロ入りを拒絶し続けた。

1996年、アトランタオリンピックでも日本代表に選出され、大久保秀昭バッテリーを組み、銀メダルを獲得。


1997年都市対抗野球に出場し、2度目の橋戸賞を受賞。

また、当時ニューヨーク・メッツ監督だったボビー・バレンタイン日本選手権を観戦。

杉浦のピッチングに感銘を受けて「メッツで投げて欲しい」とコメントしたが、杉浦は意に介さなかった。


2000年、シドニーオリンピックではプロ選手が参加することが確定しており、代表入りが困難視されていた。

しかし、その経験を買われ、主将として代表入りを果たした。


バルセロナアトランタシドニーと三大会連続オリンピック出場。アマチュア主体時代の日本代表チームの中心選手として活躍。

オリンピック通算5勝は、世界記録。


2001年、現役引退

2002年、日本生命投手コーチに就任。


2006年、監督に昇格。