杉山隆一

スポーツ

杉山隆一

すぎやまりゅういち

元日本代表のサッカー選手。元祖「黄金の左足」。

利き足左。ポジションは左ウィンガー。

1941年7月4日生まれ。静岡県清水市(現静岡市)出身。

袖師中1年からサッカー部に入り、清水東高校では、1958年秋の富山国体決勝戦で決勝点を挙げ、初優勝。

明治大学時代、東京オリンピックに参加。

大学卒業後は八幡製鉄所に入社する予定だったが、破談。

1年就職浪人三菱重工業に入社。釜本邦茂とは学生時代からのライバルだった。

メキシコオリンピックでは釜本を生かすパスを繰り出し、銅メダルに貢献。

1974年に現役引退し、ヤマハ発動機の監督に就任。

1978年、チームを日本リーグに昇格させ、さらに1982年天皇杯優勝に導いた。

1987年には総監督となり、日本リーグ初優勝。

Jリーグ発足後、ジュビロ磐田スーパーバイザーに就任。

1994年Jリーグ昇格を果たし、常勝軍団の礎を築いた。

現在は静岡サッカー協会副会長を務め、Jリーグマッチコミッショナーにも名を連ねる。


* リスト::サッカー選手