杉村楚人冠

読書

杉村楚人冠

すぎむらそじんかん

1872-1945。ジャーナリスト。文筆家。

大正、昭和前期に活躍。日本で始めて新聞社に調査部(写真や記事、人物情報などのデータを管理する部門)を作り、さらに「縮刷版」なる紙面のリプリントを開発して記事情報が参照できるようにした。

難しいことを解りやすく書くエッセイが好評だった。星新一が文章の手本にしたという。全集も出た。

記念館も設置され、近年再評価が進んでいる。