杉谷代水

読書

杉谷代水

すぎたにだいすい

詩人劇作家翻訳家1874年8月21日‐1915年4月21日

島根県境港出身。本名・虎蔵。鳥取高等小学校教師、1894年東京専門学校(現早大)に入り病気中退。98年坪内逍遙の推薦で冨山房に入り、逍遙編の尋常小学校、高等小学校「国語読本」を編集。一方新体詩「海賊」「行雲歌」「夕しほ」などを発表。1905年から歌劇を創作、修文館から「熊野」「小督」「太田道潅」などを刊行。『早稲田文学』に書いた戯曲大極殿」は1907年文芸協会で上演された。新作狂言「つぼさか」、唱歌「星の界」など60余編。

著書

  • 『新曲太田道灌』東儀季治曲 修文館 1906
  • 『新曲残夢』前田久八曲 修文館 1906
  • 『功と罪』通俗教育会 1908
  • 日本武尊 家庭歴史文庫』久遠堂 1908
  • 『杉谷代水選集』杉谷恵美子編 富山房 1935

共編

翻訳