スマートフォン用の表示で見る

杉本哲太

アート

杉本哲太

すぎもとてった

俳優

本名:杉坂 哲太(すぎさか てった)

1965年7月21日 神奈川県出身

1981年、横浜銀蠅ファミリーのロックバンド、紅麗威甦グリース)でデビュー。同年、八千草薫主演のホームドラマ「茜さんのお弁当」に同じ若手の横浜銀蠅ファミリーの嶋大輔らとともに不良少年役でレギュラー出演を果たす1984年には小柳ルミ子主演の映画「白蛇抄」で日本アカデミー賞新人賞を受賞するなどしてその才覚を現してきて、現在の活動の礎を築く。「翔ぶが如く」では司馬遼太郎が「春風が吹き抜けていくような男」と形容した桐野利秋役を見事演じきっている。また、容姿ややんちゃな経歴に似合わない朴訥なキャラクターが受けて一時期は「笑っていいとも」などバラエティー番組に引っ張りだこだったが、現在は控えている。

夫人は、神津善行中村メイコ夫妻の実娘、神津はづき作曲家である義父の神津善行は、娘と結婚直後の彼を理解しようと紅麗威甦グリース)時代のレコードをわざわざ探してきて聞いてみたという微笑ましいエピソードがある。

俳優業ではまじめな男性を演じることが多いが、NHK連続テレビ小説あまちゃん」では、まじめさと郷土愛にあふれすぎて、周囲をひっかき乱してしまうもコミカルな駅長を演じている。