スマートフォン用の表示で見る

杉本友

スポーツ

杉本友

すぎもとゆう

プロ野球選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は18→19→44番。

1973年6月19日生まれ。埼玉県出身。

川越高から高校野球の監督を目指すため、一浪して筑波大に進学。

首都大学野球通算246三振を記録。「首都大学ドクターK」と呼ばれる。1996年にはリーグ優勝も果たした。

1997年ドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団。

主に先発投手として活躍。

2001年、進藤達哉戸叶尚新井潔との3対3の交換トレードで、小川博文、前田和之?と共に横浜ベイスターズに移籍。


2003年は怪我の影響もあり登板機会が無く、退団。

2004年、テスト入団でヤクルトスワローズに移籍。中継ぎとして43試合に登板し、タフネスぶりを発揮した。


2005年、退団。


妻は、プロボクサー徳山昌守の妻の姉。