スマートフォン用の表示で見る

摺上原の戦い

社会

摺上原の戦い

すりあげはらのたたかい

摺上原の戦い(すりあげはらのたたかい)

1589年、伊達政宗会津蘆名義広との間で起こった合戦。政宗は、豊臣秀吉の出した(惣無事令)を無視、蘆名氏の本拠会津に侵攻、磐梯山裾野の摺上原において合戦になった。結果、伊達軍が勝利、義広は実家の佐竹氏のもとに逃亡、鎌倉時代以来の名族蘆名氏は完全に壊滅した。政宗は南奥州を制圧し居城を会津黒川城へ移したが、秀吉によって会津領を没収された。