スマートフォン用の表示で見る

世阿弥

アート

世阿弥

ぜあみ

観阿弥(1333〜1384)の息子。1363〜1443(?)。実名=元清。

父;観阿弥と共に幽玄な猿楽能を大成させた。

1374年(建徳5)、11歳にして初めて将軍;足利義満の前で

「千歳」〔センザイ〕という大人の役を演じ、

義満に大いに気に入れられ、

1378年(天授4)、15歳の頃にはこの将軍の横に座して

特別待遇の元、「祇園祭」を鑑賞したりした文献記録が残っている。

1384年(弘和4)、父;観阿弥の死に因り、22歳にして

「観世座」の座長に就任。

1399年(応永6)、義満が太政大臣に退き、

新将軍の義持のために祝祭3日の興行を打つのであるが、

これが大成功裡に終わり、

確固たる再評価を受け、自信も着き、この翌年、

30代なかばにして、有名な理論書;『風姿花伝』

(いわゆる「花伝書」)を書く。

1408年(応永15)、5月に義満が亡くなり義教に交替、

次第に用いられなくなり、どんどん凋落の一途、

元雅〔もとまさ〕・元能〔もとよし〕の二人の息子も散々な転落人生を送り、

更に――、

1434年(永享6)、義教はなんと(!)、

既に70歳を超えていた世阿弥

佐渡に島流しにしてしまう!

1441年(嘉吉1)、「嘉吉の乱」で赤松満祐父子に義教が暗殺され、

恩赦が与えられて娘婿の高弟;

金春禅竹の元で老後を送る。

1443年(嘉吉3)、世阿弥、死去。