世界の記憶

社会

世界の記憶

せかいのきおく

(Memory of the World?、メモリー・オブ・ザ・ワールド?

ユネスコが主催する事業の一つ。危機に瀕した書物や文書などの歴史的記録遺産を最新のデジタル技術を駆使して保全し、研究者や一般人に広く公開することを目的とした事業である。俗に「世界記憶遺産」とも呼ばれる。