世界連邦運動

一般

世界連邦運動

せかいれんぽううんどう

公式HP

Page not found | WFM-IGP


主権国家の無政府的対立を解消し、単一の民主的な政府(世界連邦政府)を組織しようとする運動。

1946年ルクセンブルクにおいて「世界連邦政府のための世界運動」として発足。この運動にはバートランド・ラッセルアルベルト・アインシュタインアルベルト・シュバイツァーウィンストン・チャーチル湯川秀樹などが賛同した。

また、東京裁判パール判事(ラダ・ビノード・パール)が積極的に支持していたことでも知られる。


事務局はニューヨークにあり、24の国や地域の加盟団体で構成されている。また国連経済社会理事会諮問 NGO カテゴリーII として、国連に対して意見や助言を行っている。現会長はウィリアム・R・ペイス。1961年から4年間、湯川秀樹が会長を務めた。