世直し一揆

社会

世直し一揆

よなおしいっき

日本の江戸時代後半から明治時代初期にかけて多発した一揆幕末期は生活苦の改善などが多く、明治維新後は新規の徴税や徴兵に反対するものが多かった。