世田谷学園 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

一般

世田谷学園中学校・高等学校

せたがやがくえんちゅうがっこうこうとうがっこう

東京都世田谷区三宿にある私立の中学校・高等学校中高一貫制の男子校。

設置者は学校法人世田谷学園

1592年に曹洞宗吉祥寺の学寮を源流とする学校で1902年に現在の高校の前身となる曹洞宗第一中学林が設立された。

沿革

教育の特徴

1学年の生徒数が200名前後と少数であるが、東京大学進学者を毎年数名、慶應義塾大学早稲田大学合格者数合わせて120名近く出す年があるほどの進学校で、中学受験において注目度が高まっている。

二期制で一限70分・週6日授業を取り入れている。

「夢を見つめて今をひたすらに」努力する人間形成ならびに充実した国際交流等により「違いを認めあい、思いやりの心を」養う教育に力を入れている。

部活動等

柔道部空手道部、バスケットボール部、水泳部などが全国レベルの強さを誇っている。特に柔道オリンピックメダリスト3名を輩出する等の目覚しい実績をあげている。硬式野球部甲子園出場経験を有し、東京都の強豪校の一つである。

吹奏楽部全日本アンサンブルコンテストの金賞常連校として著名である。

学園祭は「獅子児祭(ししじさい)」と呼ばれ、毎年10月に催されている。吹奏楽アンサンブル、空手の試技などトップレベルの技の披露、部単

位、クラス単位、有志単位等で趣向を凝らした展示等のほか教員のバンド、保護者のコーラスなどが行われアットホームな雰囲気となっている。

主な卒業生

学園関係者

*1江戸時代には漢学教育の一大拠点として幕府昌平坂学問所と並び称されたたいへん由緒ある伝統校である。