世論操作

社会

世論操作

せろんそうさ

世論を特定の方向に誘導すること。プロパガンダ。特に誘導の意図が隠されているもの、情報の隠蔽や歪曲、捏造などを伴うものを指す。

議会制民主主義の採用によって政権の正統化における世論の影響力が高まったことと、マスメディアの発展によって広まった。最近ではインターネットの発達に伴い、ネット上での誘導が指摘される。一方で、報道機関によるキャンペーンや意見報道自体が、反対する意見を持つ者から世論操作と批判されることも多くなっている。

主にマスコミによる煽動工作のこと。

例えば、左翼新聞、朝日・毎日は民主党右翼新聞、読売産経自民党となる。多くは事実の捏造を主とした政治批判だが、近年は世論操作業者を伝手にネット工作などで特定の政治家を批難するなど加熱している。

尚、ネット上においては動画共有サイトを利用した世論操作がさかんに行われる。

例えば、○○の真実、○○による政治、官僚主権による政治の腐敗、○○党が政権取ったらこうなる等。

こうした世論操作告示後に行うと公選法に引っ掛かるのでくれぐれも気をつけよう。