制御NOTゲート

サイエンス

制御NOTゲート

せいぎょのっとげーと

量子コンピュータではすべての演算はユニタリー変換?と呼ばれる、状態空間の中での回転のような操作であって常に可逆であるので、ANDやORのように入力2つ、出力1つというように情報が減る操作は出来ない。制御NOTゲートはコントロールとターゲットの二つのキュービットを持ち、コントロールビットが1の時のみターゲットのビットを反転させる動きをする。この操作は4×4ユニタリ行列で表現でき、重ね合わせ状態にあるキュービットへの操作も定義できる。