制動管

一般

制動管

せいどうかん

自動空気ブレーキにおいて、組成する列車に貫通させ、各車両の補助空気ダメおよび供給空気ダメに対して、490kPaに調圧された空気を供給する管。通称はBP(Brake Pipe:ブレーキ管)。

機関車に搭載されている14番制御弁の場合、ブレーキ管減圧量の2.5倍の圧力がブレーキシリンダ管に作用し、車輪踏面に制輪子を押しつけ、ブレーキが掛かる仕組みとなっている。