スマートフォン用の表示で見る

征韓論

一般

征韓論

せいかんろん

明治初期の対朝鮮強硬論。

 特に、1873年西郷隆盛板垣退助らによって排日的鎖国政策をとる朝鮮に出兵しようとした主張をさす。同年欧米視察から戻った岩倉具視木戸孝允大久保利通らは内治優先を唱えてこれを退けた。以後征韓派は下野し、士族反乱等に発展する。

 後の研究の中には、西郷隆盛は征韓を強く主張した証拠はないという意見もある。