成実宗

一般

成実宗

じょうじつしゅう

仏教宗派の1つ。「成実論」を研究する学派仏教である。412年に中国鳩摩羅什が「成実論」を漢訳後流布して研究され、梁代に隆盛となった。奈良時代に日本に伝えられ、南都六宗の1つとなった。